【MetaMask(メタマスク)の使い方】NFTの表示方法から受け取る方法まで解説

メタマスクの使い方やウォレット登録方法からNFTの表示方法・受け取り方 NFTアート

NFTマーケットプレイスやブロックチェーンゲームなど、イーサリアム基盤の分散型プラットフォームを利用するのなら、ウォレットである「MetaMask(メタマスク)」について知っておく必要があります。

当記事ではメタマスクの概要から、ウォレット登録や導入方法からメタマスクの使い方まで網羅的に解説しています。

メタマスクを利用しようとお考えの方にとって役立つはずです。

MetaMask(メタマスク)とは

メタマスクとは

MetaMask(メタマスク)とは、ConsenSys(consensys.net)という会社で開発・運営されているイーサリアム系仮想通貨ウォレットです。

2016年に9月にリリースされ、2022年5月時点で月間アクティブユーザーは3,000万人を超えており、今や定番のホットウォレットとして位置付けられています。

メタマスクのアプリケーションは、シンプルなユーザーインターフェースで初心者にも扱いやすく、アカウント登録からウォレットの作成・利用まで無料です。
※ガス代は別途発生します

イーサリアム系仮想通貨を取引する際やNFTやDeFiなどのブロックチェーン関連のサービスを利用する場合はメタマスクは必須といえます。

そんなメタマスクの実用面での特徴をもう少し具体的に解説していきます。

メタマスクのウォレットでできること

メタマスクウォレットを使って実際にできることを解説します。

  • トークン(仮想通貨やNFT)の送受信・保管・管理
  • 決済などで発生するガス代の調整
  • 仮想通貨トークンのスワップ
  • 各サービスやプラットフォームとの連携

トークン(仮想通貨やNFT)の送受信・保管・管理

メタマスクウォレットではイーサリアム系の暗号資産を送受金することが可能です。

さらにはイーサ(ETH)のような仮想通貨だけではなく、NFTコンテンツも送受信・保管することが可能です。

また、メタマスクでは一つのアカウント内に複数のウォレットを作成することができ、一括管理することができます

例えば、家族のウォレットを一つのアカウントにまとめたり、個人アカウント内でウォレットをプライベート用・ビジネス用と使い分けたりと用途に合わせて管理する際に役立ちます。

決済などで発生するガス代の調整

決済や取引時のトランザクション処理手数料である「ガス代」の調整ができるのがメタマスクの特徴です。

メタマスクウォレットでは、イーサリアム系サービスの仮想通貨支払いの決済方法として利用でき、NFTコンテンツなどの売却代金の受領も行えます。

ただ、そこでネックとなるのが手数料として発生するガス代です。

メタマスクでは処理スピードを低速・平均・高速から選択できるため、ガス代の余計な出費を極力減らすことが可能です。

また、ガス代は常時大きく変動しており瞬間的に高騰することも珍しくありません。

メタマスク内でガスステーションをモニタリングし、見積もることができるのでガス代の払いすぎることなく決済することができます。

仮想通貨トークンのスワップ

メタマスクでは、ウォレット内でトークンのスワップが可能です。

スワップとはウォレット内に保有している通貨を別の通貨に換えることです。イーサリアム関連の通貨であれば

イーサリアム(ETH) ↔ Polygon(MATIC)

といったように通貨をスワップすることができます。

本来、仮想通貨の交換する際は取引所に送金して行うものでしたが、メタマスクではウォレット内でのスワップを実現。これによりスムーズな取引を行うことを可能にしました。

各サービスやプラットフォームとの連携

メタマスクは、他サービスと連携することでサービス内の決済などの取引を行うことができます。

NFTマーケットプレイスやブロックチェーンゲームなどの分散型アプリやプラットフォーム、仮想通貨取引所など幅広く連携することが可能です。

これにより、メタマスクと連携した各サービスで扱うトークンをウォレット内でまとめて管理することができるので、メタマスクは複数のブロックチェーンサービスを利用する場合に非常に役立ちます。

メタマスクの安全性とセキュリティ強度

メタマスクは汎用性が高く、利便性に優れた仮想通貨ウォレットです。

ただ、暗号資産ウォレットとは資産を保管・管理するものであり、安全性が保たれていてこそといえるでしょう。

結論、メタマスクのセキュリティ機能自体は強固です。ただし、安全性はセキュリティ機能を使うユーザー次第といえます。

我々がメタマスクを利用するうえで知っておくべきは、3つのセキュリティ機能です。

  • パスワード
  • 秘密鍵
  • シークレットリカバリーフレーズ

これらは一見すると似たものに思えますが、それぞれの役割と違いについて解説します。

パスワード

メタマスクのパスワードの役割

スワードとは、ウォレットアプリを管理するためのもので、ユーザー自身が設定する英数字を含む文字列のことをいいます。

メタマスクの「パスワード」はいわゆるログインパスワードのようなものです。

インターネットサービスやSNSではIDやメールアドレスと共に必ず設定するため、馴染みがあり分かりやすいかと思います。

このパスワードはメタマスクのアプリにアクセスするために必要なのでもちろん大事です。

しかし、メタマスクにはパスワード以上に大事な二つのセキュリティ機能があります。

秘密鍵

メタマスクの秘密鍵の役割

密鍵とは、ウォレットアカウントを管理するためのもので、メタマスク側で発行される64桁の内部の暗号データのことをいいます。

メタマスクの「秘密鍵」はメタマスク内部に自動生成された暗号データで、ユーザー自身が扱う機会は少ないのですが、非常に重要なものです

メタマスク内の資産や取引情報といったアカウント情報は、アプリ内ではなくブロックチェーン上で管理されています。

秘密鍵はそのブロックチェーン上に記録されたアカウント情報にアクセスするために必要なもので、金庫の鍵と例えられることが多く、1ウォレットにつき1つの秘密鍵が発行されています。

シークレットリカバリーフレーズ

メタマスクのシークレットリカバリーフレーズの役割

ークレットリカバリーフレーズとは、秘密鍵を管理するためのもので、メタマスク側で発行される12個の英単語で自動構成された暗号データのことをいいます。シードフレーズまたはニーモニックとも呼ばれます。

メタマスクの「シークレットリカバリーフレーズ」は秘密鍵をまとめて管理する暗号で、PCやスマホなどのデバイスを変更したときやパスワードを忘れた場合でもウォレットを復元できます。

また、非常に重要なものであり以下の理由から管理を徹底しなくてはなりません

  • 複数の秘密鍵をまとめて管理しているから
    → 全ての秘密鍵(ウォレット)にアクセスできる
  • ユーザー自身で管理・操作する必要があるから
    → 入力が必要な場面があるので、控えて管理する必要があり漏洩の危険性がある

シークレットリカバリーフレーズは、ウォレットのインポートや復元などで入力を求められます。

変更も再発行もできないので、紛失防止のため必ずどこかに控えておかなくてはなりません。

そして、シークレットリカバリーフレーズをどこかに控えておくと漏洩する危険性があります。

シークレットリカバリーフレーズが漏洩して誰かに知られてしまうと

シークレットリカバリーフレーズを知っている=秘密鍵にアクセスできる=ウォレット内の資産情報に変更を加える権限を持っている

ということになり、ウォレットの資産を抜き取られてしまう恐れがあります。

MetaMask(メタマスク)のダウンロード方法

メタマスクを手に入れましょう。

PC、スマホ版それぞれのダウンロード方法について解説します。

両方ダウンロードしても使用するウォレットアカウントは共有なので、特に理由が無い限りどちらもダウンロードしておくことをおすすめします。

メタマスクのUIデザインに酷似した偽物のアドオンやアプリをダウンロードさせ、送金した仮想通貨を抜き取るフィッシング詐欺が横行した事例があります。当記事のリンクは公式サイトのものを掲載していますが、ご自身でもダウンロード前にURLやアプリレビューを確認する等十分ご注意下さい。

PC版メタマスクのダウンロード方法

PC版のメタマスクはブラウザにアドオン(拡張機能)を追加して入手します。

メタマスクのアドオン対応ブラウザは「Chrome」か「Firefox」のいずれかなので、お持ちで無い方はブラウザ自体からインストールしておきましょう。

Chromeのブラウザダウンロードページ

Firefoxのブラウザダウンロードページ

Chromeのメタマスクのアドオンは以下のリンクからダウンロード可能です。

MetaMask
ブラウザにあるイーサリアムウォレット

Firefoxのメタマスクのアドオンは以下のリンクからダウンロード可能です。

MetaMask – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手
Firefox 向け MetaMask をダウンロード。Ethereum Browser Extension

スマホ版メタマスクのダウンロード方法

スマホ版のメタマスクは従来のアプリをダウンロードと同様に入手します。

iPhoneならApp Storeで、AndroidならGoogle Play ストアからダウンロードできます。

アプリはそれぞれ以下のリンクからダウンロード可能です。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

MetaMask(メタマスク)のウォレット登録方法

メタマスクをダウンロードしたらウォレット登録とインポートを行います。

タマスクのインポートは、他のデバイスで作成したウォレットにアクセスする際に行う作業です。

筆者は以下の手順でウォレットを作成・インポートしたため、当記事でも同様に解説します。

  1. PCのアドオン版でウォレットを作成
  2. スマホアプリ版で既存のウォレットのインポート

逆に、スマホからウォレットを作成→PC版にインポートする場合も操作は同じです。

メタマスクのウォレットを作成する

PC版のブラウザにメタマスクのアドオンを追加します。

Chromeウェブストアのメタマスクのページで[Chromeに追加]をクリックすると、以下のようなダイアログが表示されるので[拡張機能を追加]をクリックします。

メタマスクのウォレット作成01

②Chromeブラウザの右上の[拡張機能ボタン(ジグソーパズルアイコン)]をクリックし、拡張機能にメタマスクが追加されていることを確認しクリックします。

(メタマスクは頻繁に利用するため[ピンマーク]をクリックしてピン止めし、すぐにアクセスできる状態にしておくことをおすすめします)

メタマスクのウォレット作成02

③以下のページが開かれるので[開始]をクリックします。

(開かない、あるいは閉じてしまった場合も拡張機能のメタマスクをクリックするとアクセスできます)

メタマスクのウォレット作成03

④「MetaMaskを始めてご利用の場合」のページに進むので[ウォレットを作成]をクリックします。

メタマスクのウォレット作成04

⑤「MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い」のページに進むので[同意する]をクリックします。

メタマスクのウォレット作成05

⑥「パスワードを作成」ページに進むので、利用規約を確認したら最低8文字のパスワードを設定し、[作成]をクリックして進みます。

メタマスクのウォレット作成06

⑦「ウォレットの保護」ページに進むので、次に設定されるシークレットリカバリーフレーズについての説明を確認し[次へ]をクリックします。

メタマスクのウォレット作成07

⑧「シークレットリカバリーフレーズ」のページに進みます。シークレットリカバリーフレーズはウォレットを一括管理するマスターキーのようなもので非常に重要なものです。

[秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします]をクリックすると確認できるので、内容を控えたら[次へ]をクリックして進みます。

メタマスクのシークレットリカバリーフレーズはコピーするだけなく、PC上の自分だけ確認できる場所にペーストして保管するか、手書きでメモに残して厳重に保管しておくことをおすすめします。

メタマスクのウォレット作成08

⑨先ほど控えたシークレットリカバリーフレーズを入力します。画像では隠してありますが、12個のボタンにはシークレットリカバリーフレーズを構成する各単語が書かれています。

各単語のボタンを順番にクリックしながら、先ほどのシークレットリカバリーフレーズを組み立てたら[確認]をクリックして進みます。

メタマスクのウォレット作成09

⑩以下の画面が表示されたら、メタマスクウォレットの作成が完了です。

メタマスクのウォレット作成10

PC、スマホ問わず、メタマスクを開くときは公共のWiFiに接続した状態でアクセスしないようにしましょう。公共WiFiは暗号化されておらず、セキュリティ面が脆弱なためハッキングの恐れがあるためです。

メタマスクのウォレットをインポートする

スマホアプリ版のメタマスクに、作成したウォレットをインポートして使えるようにします。

①IOSであればApple Storeで、AndroidであればGoogle Play ストアのメタマスクのページで[入手]をタップしアプリをインストールします。

メタマスクのウォレットインポート01

②アプリのインストールが完了してアプリを開くと以下の画面が表示されるので[開始]をタップして次へ進みます。

メタマスクのウォレットインポート02

③ウォレットは既に作成済みなので[シークレットリカバリーフレーズを使用してインポートする]をタップします。

メタマスクのウォレットインポート03

④以下のページが表示されるので[同意します]をタップします。

メタマスクのウォレットインポート04

⑤ウォレット作成時に生成されたシークレットリカバリーフレーズを入力し、8文字以上のパスワードを設定します。

新しいパスワードとあり少々ややこしいのですが、メタマスクではPCのブラウザアドオンやスマホアプリ毎にパスワードが設定されます。そのためウォレット作成時に設定したパスワードと同じでも分けても構いません。

メタマスクのウォレットインポート05

⑥ウォレットアカウントのインポートに成功すると以下の画面が表示されます。画像では隠してありますが、ウォレットアドレスがインポート元と同じものであれば成功です。

メタマスクのウォレットインポート06

MetaMask(メタマスク)の使い方

メタマスクを実際にウォレットとして使う方法を解説します。

仮想通貨をメタマスクに送金する方法

仮想通貨をメタマスクに送金するには、暗号資産取引所で仮想通貨を購入し、メタマスクに送金する必要があります。

保有しているNFTをメタマスクで表示する方法

NFTマーケットプレイスなどで購入したNFTはメタマスクに保管されます。

保管されたNFTコンテンツを確認するには、メタマスクで次の操作をすることで見ることができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました