【NFT転売のやり方】利益を出して儲かる稼ぎ方や手数料を解説|2022年7月最新

NFT転売のやり方 NFTアート

令和現在、日本はNFTアートバブルともいえますね。

そんなNFTアートですが、作って販売するだけではなく投資対象としても大きな可能性を秘めています

当記事ではNFTの転売のやり方を解説しています。

NFT転売ではアート作品を売買するので、当然ながら仮想通貨が必要です。事前準備として取引所で口座開設しておきましょう。

仮想通貨の取引所はCoincheckが定番、かつ使い勝手が良いのでNFT転売をしたい初心者におすすめです。

そもそもNFTアートとは?という概要的なお話は次の記事でまとめていますので、気になる方はご覧ください。

【NFTアートとは?】簡単にわかりやすくNFTの仕組みを解説|2022年7月最新
NFTアートとは非代替性トークンの技術を用い、デジタル作品をNFTと紐づけたデジタルアート作品のことを指します…といっても意味不明だと思うので、当記事ではNFTアートについて分かりやすく説明しています。また、初心者でもできるNFTアートの始め方から作り方、販売方法までをなるべくかみ砕いてまとめています。

NFT転売のやり方

NFTアート転売のやり方を解説します。

NFTでは何かと専門用語が多いので、なるべく分かりやすく説明していますのでご安心ください。

以下の手順に従って進めれば、初心者の方でもNFT転売をイチから始めることができますので参考にしてください。

NFT転売のやり方
  • Step1
    取引所で口座を開設する
  • Step2
    ウォレット(MetaMask)を入手する
  • Step3
    マーケットプレイス(Opensea)に登録する
  • Step4
    仮想通貨(ETH)を購入しウォレットに入れる
  • Step5
    NFTアートを購入する
  • Step6
    NFTアートを販売する

なお、取引所は「Coincheck」ウォレットは「MetaMask」マーケットプレイスは「OpenSea」を例に解説しています。

NFT転売のやり方①:取引所で口座を開設する

NFTの転売では、当然ながら仮想通貨で作品を売買するので仮想通貨の口座開設をしなくてはなりません。

引所とは、日本円を仮想通貨に換える場所のことを指します。

NFTを転売するうえで仮想通貨は、作品の売買だけでなく手数料などの支払いで必要になります。

取引所はCoincheckがおすすめです。画面も見やすく、人気定番の取引所なのでとりあえず始めたい初心者の人向きといえます。

 

取引所の口座開設は、短くて1日、長くとも3日程度時間を要しますので、その間にマーケットプレイスでアカウント作成まで進めてしまいます。

NFT転売のやり方②:ウォレット(MetaMask)を入手する

仮想通貨のウォレットを入手します。

ォレットとは、仮想通貨を入れる財布のようなものです。仮想通貨におけるすべての支払いはウォレットを介して行われます。

ウォレットにも種類があるのですが、定番のものとしてMetaMask(メタマスク)を選べば間違いないでしょう。

NFTマーケットプレイスと連携することで、仮想通貨・NFTアートの保管や決済が非常に簡単に行えます。

メタマスクのウォレットアカウント登録方法は『メタマスクの使い方』の記事で画像付きで手順を解説しています。併せてご覧ください。

【MetaMask(メタマスク)の使い方】NFTの表示方法から受け取る方法まで解説
当記事ではMetaMask(メタマスク)の使い方や注意点を解説しています。シークレットリカバリーフレーズや秘密鍵のことから、ウォレットアカウントの登録からインポート、NFTコンテンツの表示方法や受け取る方法など、メタマスクでNFTを扱う際の解説も詳しくまとめています。

NFT転売のやり方③:マーケットプレイス(Opensea)に登録する

続いて、マーケットプレイスにアカウント登録をします。

ーケットプレイスとは、NFTアートを売買する市場のような場所です。

マーケットプレイスは数多く存在しますが、なかでも「OpenSea」が最も盛んに売買が行われています。単純に買い手が多いという意味でも、NFT転売をするならOpenSeaがおすすめです。

NFT転売のやり方④:仮想通貨(ETH)を購入しウォレットに入れる

取引所での口座開設が済んだら、仮想通貨のイーサリアム(ETH)を購入し、ウォレットに移動させます。

あらかじめOpenseaで購入するNFTアートが決まっている場合は「購入するNFTアートの価格」+「ガス代(手数料)」分のイーサを初期費用として購入しておくと良いでしょう。

ス代とは、仮想通貨のマイナー(流通させている人たち)に支払われるイーサリアムネットワークの利用料のようなものです。

NFT転売に必要なガス代については、当記事中『NFT転売にかかる手数料や初期費用』の章で解説しています。

NFT転売のやり方⑤:NFTアートを購入する

転売するNFTアートを仕入れるため、OpenseaでNFTアートを購入します。

とはいえ、現時点では購入すべきNFTアート(値上がりする見込みのある作品)の見当が付かないかと思います。

当記事中の『NFT転売で利益を上げるコツ』の章を参考にしてみてください。

NFTアートの買い方については『NFTアートの購入方法』の記事でも詳しく解説しています。

【NFTアートの購入方法】買い方を徹底解説!デジタルアート作品はどこで買える?|2022年7月最新
当記事ではNFTアートの購入方法を解説しています。OpenSeaでの買い方の手順から、NFTのデジタルアート作品はどこで買えるか?買い方にコツはあるか?などの疑問から、購入時にかかる可能性のある税金などについてもまとめています。

NFT転売のやり方⑥:NFTアートを販売する

購入したNFTアートが値上がりしたタイミングで販売します。

NFTアートの販売は大まかに3種類あります。

  • 固定販売
  • オークション形式
  • オファー形式

以上がNFT転売の基本的な流れとなります。

NFTアートの売り方については『NFTアートの販売方法』の記事でも詳しく解説しています。

【NFTアートの販売方法】イラストの売り方やスマホでの出品手順|2022年7月最新
NFTアートの販売方法を分かりやすく解説します。NFTアートをマーケットプレイスで出品する方法や、売れた後に取引履歴を確認する方法や、NFTアートが売れない原因などもあわせて解説しています。

NFT転売でかかるガス代(手数料)と初期費用

NFT転売では作品の購入費用以外にも、ガス代(手数料)が必要になります。

そのため、NFT転売を始める初期費用として「NFTアートの購入費用」+「想定されるガス代」分を予算として設定しましょう。

[]

また、NFT転売でガス代(手数料)がかかるタイミングは、NFTアート購入時と販売時の両方です。

NFT転売はマーケットプレイス(Opensea)で行うことを想定し、それぞれのガス代(手数料)とタイミングについて解説します。

※ガス代はETH価格で表記しています。仮想通貨という性質上値動きが大きいうえ、ガス代自体も激しく変動します。以下のサイトでそれぞれ確認できますので、併せてご覧ください。

現在のETH価格が確認できるサイト
現在のガス代が確認できるサイト

また、Openseaでの操作とそれに付随するガス代については次の記事で詳しく解説しています。

[]

NFTアート購入時のガス代と発生するタイミング

OpenSeaでのNFTアート購入時に必要な操作と、それに併せてかかるガス代(手数料)の目安を表にまとめています。

OpenSeaの表記 ガス代(目安)
固定価格での購入 Buy now
0.005~0.02ETH
ETH ⇄ WETH変換 convert
0.001〜0.01ETH
オークション入札
(オファー)
Make offer
Price Bid
0.005〜0.01ETH
(初回のみ)
オークション入札取消し
(オファー)
Cancel offer
0.001〜0.005ETH

NFT転売では、固定価格で出品されたNFTアートを購入する(Buy now)機会が多いかと思われます。

固定価格のNFTアートを買う場合にかかるガス代に変動幅は非常に激しいので、NFTアートの価格よりもガス代が高額であることも珍しくありません。

仮に0.02ETHのときに購入する場合は、NFTアートの価格+ガス代7,600円(1ETH=38万円の場合)となってしまうので、転売の仕入れ値としてはかなり手痛いです。

そのため、ガス代が安い時期を狙って購入するのがおすすめです。

また、NFTアートをオファーやオークションで購入する場合はETHではなく、「WETH」を利用します。

そのWETHに変換する際にガス代が発生するので、オファーやオークションメインでNFTアートを仕入れる人は、ガス代が安い時期に一度に大量に交換してしまうのがおすすめです。

NFTアート販売時のガス代と発生するタイミング

OpenSeaでのNFTアート販売時に必要な操作と、それに併せてかかるガス代(手数料)の目安を表にまとめています。

OpenSeaの表記 ガス代(目安)
コレクション作成 Create a collection
アイテム出品/転売 List/Sell 0.01〜0.1ETH
※初回のみ
値下げ Lower Price
固定価格の販売停止 Cancel listing
0.005〜0.01ETH
オークション停止 Cancel auction
0.005〜0.01ETH
オファー承認 Accept offer
0.001〜0.005ETH
オークション承認
(1ETH未満で終了した場合)
Accept the highest offer 要確認
オファーへの逆交渉 Counter offer
WETH ⇄ ETH変換 convert
0.001〜0.01ETH
アイテム送付 Transfer
0.001〜0.005ETH
アイテムを別コレクションへ移動 Change Collection
アイテム削除 Delete item

NFT転売で販売時にする操作は、主にアイテム出品/転売(List/Sell)オファー承認(Accept offer)でしょうか。

とくにアイテム出品/転売にかかるガス代はもっとも高額ですが、このガス代が発生するのはOpenseaで初回出品時のみです。

そのためNFT転売を始めるうえでの初期費用ともいえる部分です。

ガス代は大きく変動しますので、本格的にNFT転売を始める前に安い時期を狙って適当なNFTアートを売っておけば初期費用を抑えることができますね。

そもそもNFTの転売は儲かるのか

結論からいえば、NFT転売は儲かる見込みがとても高いといえます。

NFTの市場規模は、2019年時点で300億円だったのが2022年現在2兆円まで急速拡大しています

[]

今のところは、まだまだ参入者も少ないため現在の市場規模の推移が横ばいになるとは考えにくく、今後も大きく上昇していくことが見込めます。

NFTアートの転売で利益を出し稼ぐ方法

NFT転売をするうえで、利益を上げて大きく儲けるための成功のコツをまとめます。

NFTアートに限らず、転売の基本は安く買って高く売る点に尽きます。その基本をもう少し掘り下げて、将来性のあるNFTアートを安いうちに購入するという方法にスポットを当てて解説します。

以下はNFT転売の基本ともいえますので、しっかりと抑えておきましょう。

  • インフルエンサーの動きに注目する
  • NFTアート作品の価格変動をチェックする
  • NFTアートの値上がりを待つ
  • 適切なマーケットプレイス選ぶ

それぞれ詳しく解説します。

インフルエンサーの動きに注目する

海外のNFTアートが大きく売れている例として、インフルエンサーなど有名人の目に留まり、大きく価値を上げた作品が多いです。

日本でも同様で、Kawaii Skull氏のNFTアートはBenito氏に購入され、価値が高騰しました。

このような事例に見習ってNFT転売のコツとして具体的に落とし込むと、NFTアート界隈で有名なインフルエンサーの動向を逐一チェックし、いち早く同シリーズのNFTアートを仕入れることです。

インフルエンサーは主にTwitterやYouTubeでの発信を主としています。NFT転売で注目しておくべきインフルエンサーをまとめておきます。

  • Benito氏
  • 青汁王子氏
  • イケハヤ氏
  • 関口メンディー氏

NFTアート作品の価格変動をチェックする

出品されているNFTアートの取引量や値動きの動向は、自身の目でしっかりと追いかけるようにしましょう。

とはいえ、膨大な量のNFTアートが販売されているマーケットプレイスからこれといった作品を見つけ出すのは簡単ではありません。

注目のNFTアートや、アーティストの情報を発信している人やサービスも複数あるので、NFTアート転売で仕入れる際の判断材料にするようにしましょう。

例として、miin氏はTwitterで国内のNFTランキング情報を発信しています。

NFTアートの値上がりを待つ

投資や転売の基本ともいえますがNFT市場は爆発的に市場規模を拡大しているという事実を踏まえると、作品の長期保有(塩漬け)をしておくのも有効です。

まったく無名のアーティストの作品が急激に値上がりするのがNFTアートの夢があるところです。

将来性のあるNFTアートを購入したものの、安易に売ってしまうと将来的に爆発的に価値を上げてしまうかもしれません。

NFTは市場規模を拡大しているとはいえ、成長途中ともいえます。

NFT転売をするのなら、長期的な目線で取り組むのが成功のコツといえるでしょう

適切なマーケットプレイス選ぶ

マーケットプレイスはOpenSeaが最も有名ですが、他にも多数存在します。

一口にNFTアートといっても、作品はイラストだけではありません。マーケットプレイスによって流通するNFTアートの種類が異なる点も忘れてはいけません。

初心者がNFT転売に取り組む分には、現状はOpenSeaが適切といえます。

ただ他のマーケットプレイスの特徴を把握しておき、必要に応じて購入と販売の場所をそれぞれ切り替えるのもNFT転売のコツといえるでしょう。

NFT転売をする際の注意点

NFT転売は、適切に取り組めば成功する可能性が高いことはお分かり頂けたかと思います。

ただ、NFT転売には落とし穴も存在するため注意しておく必要があります。

NFT転売をするうえで、とくに注意すべき点は以下の二点です。

  • 偽物のNFTアートを購入しない
  • NFTアートの詐欺に気を付ける

偽物のNFTアートを購入しない

既に有名なNFTアートのシリーズ作品を購入すれば、今後大きな値上がりも期待できます。

しかし、有名なNFTアート作品の作風に似せたもの、あるいはほぼ見分けのつかない、いわゆる偽物のNFTアートも存在します。

マーケットプレイスのOpenSeaでは、NFTアートのシリーズ名の横に公式のチェックマークが付いているので、見分けが付きやすいです。

加えて購入前には、購入者情報や取引履歴を、必ず目視で確認するように徹底しましょう。

NFTアートの詐欺に気を付ける

日本国内ではNFTへの関心が高まっており、新規参入者も増えてきています。

NFT転売でも同様で、初心者に付け込んだ悪質な詐欺に注意しなくてはなりません。

難解な専門用語を並べたり、根拠のないデータで初心者を騙そうとする人も存在します。

「この作品を購入すれば、一年後に爆発的に価値が上昇する」などといった誘いには十分注意するようにしてください。

NFT転売でこういった失敗をしないためには、正しい知識を身に着け、ご自身で市場分析を行うことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました