【NFTアートの作り方】デジタルアート作品の描き方はスマホだけでもOK|2022年7月最新

NFTアートの作り方とデジタルアート作品の描き方 NFTアート

この記事で解説していること

マーケットプレイスで販売するNFTアートの作り方、初心者でも可能なデジタルアートの描き方を解説しています。

NFTアートっていうと、滅茶苦茶むずかしそうで作るなんて無理そうですよね。

しかし実際、NFTアートの作り方は至極単純。

オリジナル作品がデジタル化(jpgとかpngとか)されていればそれだけでNFTアートにすることができます。

NFTアートを作ること自体はめっちゃ簡単で誰にでもできるんです。

とはいえ、取引所の口座開設だったり、ウォレットの作成やマーケットプレイスの登録は必要です。

とくに仮想通貨の取引所で口座開設は絶対条件なので、定番のCoincheckで口座を作っておきましょう。

[]

当記事では、NFTアートの作り方の流れから、スマホとPCそれぞれでの描き方を解説しています。

そもそもNFTとは何か?という概要的なお話は、次の記事でまとめているので気になる方は参考にしてくださいね。

【NFTアートとは?】簡単にわかりやすくNFTの仕組みを解説|2022年7月最新
NFTアートとは非代替性トークンの技術を用い、デジタル作品をNFTと紐づけたデジタルアート作品のことを指します…といっても意味不明だと思うので、当記事ではNFTアートについて分かりやすく説明しています。また、初心者でもできるNFTアートの始め方から作り方、販売方法までをなるべくかみ砕いてまとめています。

NFTアートの作り方の手順

NFTアートの作り方の手順は、3Stepに分けて説明できます。

NFTアートの作り方3ステップ
  • Step1
    作品を作るor用意する
    手元に何もない!これから描くよ!って人向け
  • Step2
    デジタルデータ化する
    紙に手書きで描くよ!って人向け
  • Step3
    OpenseaでNFT化する
    PCやスマホで描くよ!既に作品があるよ!って向け

それぞれ、細かく解説していきますね。

Step1:作品を作るor用意する

Step1ではNFTアートをまさにこれから作る人向けに解説しています。

これからNFTアートを作る初心者の方は、PCやスマホで作品を作ることをおすすめします。

NFTアートにする作品は、手書きの絵やイラスト、写真でも問題ありません。

ただ、こういったアナログの状態の作品をNFTアートにするためには、デジタルデータ化する必要があります。

アナログの作品を作ってデジタルデータ化しようと思うと、画材はもちろん、スキャニングの機材を用意する費用や手間がかかってしまいます。

そのため、手書きの作品に強いこだわりがある方だったり、写真や手書きの絵や原画が既にある方以外で、これから始める初心者の人はスマホやPCでデジタルアート作品を作ることをおすすめします。

スマホ・PCそれぞれのデジタルアートの描き方についてはこちらの章で解説しています。

次のStep2では手書きの絵や写真をデジタルデータ化する方法を解説しています。

Step2:デジタルデータ化する

Step2では手書きの絵や写真などアナログ作品をNFTアートにしたい人向けに解説しています。

アナログ(データ化していない状態)の作品をNFTアートとして販売するためには、作品を一度デジタルデータ化しなくてはなりません。

.Jpgや.pngなどの拡張子をもつ状態にする必要があるんですね。

手書きの絵や写真などをデジタルデータ化する方法には、次の手段があります。

  • デジカメで撮影してデジタルデータ化する
  • スキャナーに取り込んでデジタルデータ化する
  • スキャナアプリを使ってデジタルデータ化する

絵や写真を綺麗に取り込むのであれば、断然スキャナーを利用するのがおすすめなのですが、スキャナーの機材は数万円と高額なうえ、大きくて場所をとります。

なので、3つ目のスキャナアプリを利用するのが手軽さと費用面でおすすめです。

以下のスキャナアプリは文章に限らず、絵や写真も綺麗に取り込めてデジタルデータ化できるので利用してみるのは如何でしょうか。

CamScanner-スキャン、PDF 変換、翻訳 カメラ

CamScanner-スキャン、PDF 変換、翻訳 カメラ

INTSIG Information Co., Ltd無料posted withアプリーチ

アナログ作品をデジタルデータ化できたら、次のStep3ではついに作品をNFT化します!

Step3:OpenseaでNFT化する

Step3ではデジタルデータの作品が既にある人向けに解説しています。

作品をOpenseaにアップロードし、アイテム登録(Mint)することでNFTアートが完成します。

意味不明だと思うので、少しかみ砕いて説明します。

Opensea(マーケットプレイス[NFTアートの市場]の最大手)のサイト内で用意したデジタルデータ作品をアップロードするとMint(NFTを新たに発行すること)され、作品がNFTと紐づけられNFTアートになります。

インスタグラムやTwitterに画像をアップする要領ですね。

これでNFTアートは完成です。

NFTアートの作り方自体はすごく単純なのですが、OpenseaでMintしたNFTアートを出品するためにはガス代が(手数料)がかかります。

そしてそのガス代を支払うためには、仮想通貨の取引所で口座開設が必要です。

つまり、作ったNFTアートを実際に出品しようと思うと諸々下準備をしなくてはなりません。

以下の記事では、取引所での口座開設から、ウォレット(メタマスク)の作成、マーケットプレイス(Opensea)に登録するまでを5Stepで分かりやすく解説していますので参考にしてください。

【NFTアートの始め方】やり方を超初心者向けに5ステップで解説|2022年7月最新
NFTアートの始め方はじつはとても簡単です。やり方から必要なものを初心者に分かりやすくイチから解説しています。当記事ではNFTアートの始め方としてイーサリアム(ETH)を扱う取引所の登録と口座開設方法から、ウォレットの作成、マーケットプレイスでのNFT化までを5ステップで説明しています。NFTアートは専門用語だらけで敷居が高いように思えますが、やること自体は非常にシンプルです。まだまだ参入の余地はあるので、当記事を参考にNFTアートを始めてみてはいかがでしょうか。

そして実際に作った作品をマーケットプレイス(Opensea)に出品し、販売する方法については次の記事を御覧ください。

【NFTアートの販売方法】イラストの売り方やスマホでの出品手順|2022年7月最新
NFTアートの販売方法を分かりやすく解説します。NFTアートをマーケットプレイスで出品する方法や、売れた後に取引履歴を確認する方法や、NFTアートが売れない原因などもあわせて解説しています。

NFTデジタルアート作品の描き方

NFTアート作品はiPhoneやandroidといったスマホやiPad、PCのどれでも描くことができます。

デジタルアートを作成するデバイス別に、それぞれ必要となるものをご紹介します。

スマホアプリを使ったNFTアートの描き方

iPhoneやiPad、androidなどでNFTアートを作る場合は、アプリを用います。

ただ、作品を描く際はiPadなどのタブレット端末を使うのが最も適してます。タッチパネルに描くという性質上、やはり画面領域が広いほうが利便性が高いです。

とはいえ、わざわざタブレット端末を購入せずとも、スマホだけでNFTアートを描くことが可能です。

NFTアートを出品するまでを経験する意味でも、ひとまずはスマホだけでも構いません。

スマホアプリを使ったNFTアートの作り方』の記事では、NFTアートを描くのに適したスマホアプリの紹介、実際にスマホアプリでイラストを作って解説しています。

【NFTアートの作り方(スマホ編)】おすすめアプリとイラストの描き方をメイキング付きで解説|2022年7月最新
当記事では、スマホアプリを使ったNFTアートの作り方を解説しています。実際にスマホアプリでNFTイラストを描いたメイキング解説もしているので、絵を描いたことのない初心者の方にも役立つはずです。

PCを使ったNFTアートの描き方

NFTアート作品を本格的に作成するのなら、PCが最も適している環境といえます。

というのもPhotoshop、illustratorといったAdobe製品をフルに活かしてイラストが描くことができます。

もちろん、スマホアプリのように無料のドローイングソフトも存在します。

また、例として有名なサルのイラストのNFTアート「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」は各パーツのイラストをプログラムで福笑い的に組み合わせて量産する作り方は、PCで行われています。

いずれ本格的にNFTアートを作成し、販売していく…ということであれば、PCを利用するのをおすすめします。

PCで利用できるドローイングソフトや、ペンタブレットなど必要なものや、PCでのデジタルアートの描き方については次の記事で詳しく解説しています。

[]

外注でデジタルアートを作ってもらうという方法も

NFTアートを出品する方法は、自身でデジタルアートを作成するほかに外注で用意するのもアリです。

外注とは簡単にいえば、お金を払って作品を作成してもらって著作権ごと提供してもらうこと、ですね。

こういったイラストの外注は、以下のようなプラットフォームで行われています。

上記のような、クラウドソーシングやスキル売買のプラットフォームでイラスト制作依頼をし、その作品をMintしNFTアートとして販売するということですね。

NFTアート初心者は「ドット絵」がおすすめ

NFTアート、というよりデジタルアート作品を作ったことのない初心者の人は、ピクセルアート(ドット絵)を作るがもっとも取っつきやすくおすすめです。

ドット絵とは、見てもらうのが一番早いのですが、画像の構成単位であるpixel(画素)という点を並べて作られた作品です。

実際に見てもらうのが早いと思いますので、僕の作成したドット絵を載せますね。

[]

このようなドット絵はデジタルアートとしては非常に敷居が低く、全く作品を作ったことがない初心者にもおすすめです。

PCでももちろん作成することができますが、無料のスマホアプリでぽちぽちと描くことが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました